虫歯の治療

患者を診る

虫歯や歯槽膿漏などの歯や口腔内に関する治療や歯並びの矯正などを目的として様々な患者が訪れる歯科医院ですが、口腔内の治療はほかの場所でも行うことができることをご存じでしょうか。
それは「口腔外科」と呼ばれる科で、多くは歯科と併設されています。
口腔外科では、歯科が普段扱う歯に関する病気ではなくその名の通り口腔に関する病状や疾患、病気を扱います。
先述したように歯科と併設されており歯医者に行けば口腔内の病状も治療してくれることも多いのですが、口腔外科単体として存在し、本格的に口腔内の治療を行うことのできる場所もあります。
これは国内ではあまり認知されていませんが、海外では普通に知られる科の一つに含まれるそうです。

さて、このように口の周りや内部に関する様々な病気は口腔外科や歯科などの医院で直すことができますが、実際にどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
一般的な病気や疾患の治療では国からの保険が適用され、比較的安価で受けることができますが歯の色を明るくする治療などの「歯を美しくする」場合などには保健が適用されず、負担額が増えてしまうこともあるので、あらかじめ自分の求めている治療が保険は適用されるのか、しっかり調べておくことが大切です。
しかし近年歯の治療に関する保険が認められるようになってきており、入れ歯に保険が適用される日本のような国はなかなか珍しいといいます。
このようなことも配慮しながら、安心して治療を受けましょう。