ほくろのち両方は様々|貴女に合う施術を選ぼう

女の人
  1. ホーム
  2. ほくろの悩みを解決

ほくろの悩みを解決

ウーマン

ほくろは病院で除去可能

顔や首にあるほくろは人の印象を左右すると言っても過言ではありません。良く見えるのであれば問題ありませんが、ほくろの位置や大きさにコンプレックスを抱いている方もいるでしょう。そのような時は、医療機関での除去を検討してみてください。医療機関によって施術方法は異なってきますが、メスを使うか使わないかの違いがあります。まず、メスを入れてほくろを除去する方法の中で代表的なものは、くり抜き法と切除縫合法です。くり抜き法はほくろを中心に皮膚を少し深く切り取っていきます。ほくろの大きさが小さく、膨らみがない場合に施術を行う場合がほとんどです。切除縫合法は、くり抜き法より大きく深く皮膚を切り取っていきます。大きさや膨らみに関係なく行うことができる手術ではありますが、医師の技術が必要とされます。医師の腕が重要になってくるのです。メスを使って行う除去は、再発する心配がありません。そのため、大きいほくろに悩んでいた方は、コンプレックスが解消するでしょう。手術時間も短いので、日帰りで行うことも可能なのです。費用に関しては、保険が適用されるかされないかによっても変わってきますが、約2万円か5万円ほどです。保険の適用基準は、悪性のほくろであることかつ日常生活に悪影響が出ると医師が判断した場合なので、クリニックに相談してみると良いでしょう。次はメスを使用しないレーザーで行う除去方法です。こちらも医療機関によって、レーザーの種類が異なってきますが、スイッチヤグレーザーと炭酸ガスレーザーが代表的です。スイッチヤグレーザーは、メラニン色素に反応して、ピンポイントで照射を行うことができます。ほくろが小さく、厚みのないものに向いています。また、炭酸ガスレーザーは、水分のある箇所を見極めて、皮膚を焼きながら除去していきます。膨らみのあるほくろにも対応できます。レーザーによるほくろ除去は、内容によっては数分で終わるので、気軽に行うことができます。また、施術後の痛みが少なく、皮膚の回復も早い傾向にあります。レーザーの除去費用は、医療機関によって大きく異なります。1回あたり約2千円から2万円ほどとなっているでしょう。費用を安く抑えたい方はレーザー除去が向いています。このようにほくろを取り除く方法がたくさんありますので、費用だけでなく術後のことも考えて、選ぶことが大切です。施術を受けた後の日常生活を想像して、方法やタイミングを見極めましょう。様々な除去方法を比較しながら、自分に合ったものを見つけてください。