ほくろのち両方は様々|貴女に合う施術を選ぼう

レディ

ほくろの治療法

女性

ほくろの状態にあった治療法

ほくろというのは母斑細胞母斑と呼ばれるあざの一種で、比較的小さいものをほくろと呼んでいます。顔などにできると美貌的に気になることが多く除去を希望する人も少なくありません。もっとも確実に除去できる方法は切除して縫合するというものですが、凹んだ傷跡が残るため顔などの目立つ部分には炭酸ガスレーザーを使うことがほとんどです。ほくろは色素性母斑または母斑細胞性母斑といいメラニン色素を持つ細胞が増殖して皮膚内にできる黒い色素になっていきます。炭酸ガスレーザーはこういった色素に反応する特性があり、レーザーを照射することでほくろだけを除去していくことが可能となります。炭酸ガスレーザーで除去しても再発の可能性がありますから、ほくろの箇所をレーザーでくり抜いていきますから治療後は少し肌が凹んだ状態になります。治療後は医療用のテープや軟膏を塗って患部を保護していきます。1〜2週間ほどで新しい皮膚ができて表面の凹みは徐々に平らになっていきますから傷跡が目立つ心配はほとんどありません。メスを使った治療法にはくりぬき法と切除法合法があります。くりぬき法はほくろの大きさが5〜6ミリ以下の膨らんでいない状態の場合に行う手術で、円形にほくろをくり抜いてその周辺は巾着のように縫い縛っていきます。この方法は皮膚の切り取りが浅い場合には縫合を行わない場合もあります。一方切除法合法はほくろの大きさが6ミリ以上あり膨らんでいるタイプに適用される治療法です。この治療法では、皮膚の深くにまで色素沈着が見られるような根の深いほくろにも有効となりますが、切除したホクロの約3倍程度の大きさの皮膚を切り取る必要があります。そのため、皮膚が引き連れたり傷跡が目立つ場合もありますし、手術を行う医師によって技術に差が現れやすい治療法となります。なので、経験豊富な技術の高い医師に施術をしてもらうことが大事です。ホクロの除去手術は皮膚科だけではなく美容整形外科や美容皮膚科などでも受けることができます。メスで除去する治療法の場合2〜5万円程度の費用がかかる場合が多く、健康保険が適用できた場合には2万円ほどですむこともありますが、保険の適用ができなかた場合には5万円ほどかかることもありますから事前に確認しておくと安心です。健康保険が適用できるかどうかの条件としては、悪性のものであったりホクロが日常生活に支障をきたすものであるかどうかを医師が判断し、条件を満たした場合には健康保険が適用されます。一方レーザー治療にかかる費用は1回の照射で2000〜15000円というのが相場で、状態によって複数回照射が必要が場合があります。

ほくろ除去で悩みを解消

ナース

顔や体にできてしまったほくろを除去するには、美容外科や美容皮膚科などで行なっている施術を受けるのがよいでしょう。ほくろ除去の施術にも2つの種類があり、それぞれによってメリットが異なるので、自分に合った方法を選ぶことが大切です。また、満足できる施術を行なうためにもしっかりクリニック選びをしましょう。

ほくろ治療で重要なこと

カウンセリング

ほくろ除去の施術を受ける際には、クリニック選びも重要です。医師の実績や受けられる治療法だけでなく、症例写真や口コミの情報も参考に決めると良いでしょう。信頼できるクリニックを見つけて、治療法を相談してからほくろ除去の施術を受けてください。

ほくろの悩みを解決

ウーマン

ほくろは位置によって印象が変わります。もし取り除きたいと思っているなら、クリニックに行ってみましょう。また、ほくろの種類や費用によって除去方法が異なります。自分に合った方法を選びましょう。

手軽な治療でほくろを解消

レディ

目立つほくろをなくして自分に自信を持ちたいならほくろ治療を活用しましょう。レーザーを使った治療法なら、短時間で施術が終わるので手軽に受けられます。なお、レーザーは小さいほくろの治療に適しています。